CSR

ガバナンス

Governance

1.コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

当社では、企業理念・行動規範のもと、長期安定的に発展し続けていく企業活動を推進し、ステークホルダー(株主様、お客様、従業員、社会、取引先)のご期待に応えることをめざしていきます。その実現のため、公正で透明度の高い実効性のあるコーポレートガバナンスの構築に努めてまいります。

2.会社の会計上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織

組織図組織図

 取締役会

取締役会は、当社の規模と組織の状況、機動性を勘案し、現在社内取締役4名及び社外取締役2名、社内監査役2名、社外監査役3名で構成されております。経営の基本方針や法令または定款に定めるもののほか、経営に関する重要な事項を決定するとともに、業務執行状況を監督しております。

 監査役会

当社は監査役制度を採用しており、監査役5名(うち3名が社外監査役)で構成しております。監査役会において監査方針と年間計画を策定し、各監査役は取締役会等重要な会議に出席するとともに、重要な決裁書類の閲覧や業務及び財産の状況を調査し取締役の業務執行状況を監視しております。

 会計監査人

当社は、会社法に基づく会計監査人および金融商品取引法に基づく会計監査人である有限責任監査法人トーマツにより会計監査を受けています。

環境への貢献

Environment

環境への貢献 環境へ貢献

企業の活動は、すべての基盤である地球環境が健全であって、はじめて成り立ちます。
ヨータイは、健全で豊かな地球環境を守るべく、経済的、技術的に可能な限り天然資源及びエネルギー消費量の削減に努め、廃棄物の削減資源再利用に取り組み、地球環境保全に貢献いたします。

当社では一部、使用後の耐火物を利用し、循環型のリサイクルに取り組んでいます。
わたしたちの生活から排出される廃プラスチック、廃タイヤなどの廃棄物の一部はセメント原料やセメントを製造するための燃料に活かされ、大量にリサイクルされています。セメント業界で当社は高シェアを保有しており、高温かつ廃棄物にも耐えうる製品を提供することで環境保全に貢献しております。
ダイオキシンを発生させない高温のごみ焼却炉や溶融炉にも当社の耐火物が使用されております。

画像1
画像2

地域社会への貢献

Community

地域社会への貢献 地域社会への貢献

花火

地域の催事への協賛

ひなせみなとまつり花火大会などに協賛し、地域振興に貢献しています。

ヨータイ軟式野球部

スポーツを通じ、従業員の健康と士気の高揚、地域交流を目的として、軟式野球などのスポーツを推奨・応援しております。(全国軟式野球連盟備前支部に登録)

地域の清掃活動

日生工場では年に一度、交通安全運転協議会に加入する東備地区の企業と協力し、備前市内の国道の清掃やドライバーへ注意喚起の啓蒙等を行っています。

地域の清掃活動

日生町消防団 出初式

毎年2月に行われる備前市、日生町消防団の出初式に参加し、活力ある街づくりを推進しています。約100人近い団員が紅白の旗の元、源氏と平家に分かれ、小舟に乗り込み、相手をめがけて激しく水をかけ合う放水合戦もあります。最後に5色の海水を天高く放水し、一年の安泰を祈念します。

日生町消防団 出初式