ニューセラミックス事業 電子部品の製造工程には
高温処理があり、
当社の耐火物が
大きく関わっています。

電子部品用耐火物とは

What are refractory products for ELECTRONIC PARTS?

わたしたちの生活に当たり前に存在している、スマートフォンやパソコン、車、テレビなどには、たくさんのアルミナ基板やMLCC、フェライトなどの電子部品(半導体)が使用されています。それらの電子部品の製造工程には高温処理があり、当社の耐火物が大きく関わっています。

アルミナ基板やMLCC、フェライトなどの電子部品

アルミナ基板やMLCC、フェライトなどの電子部品

セラミックスの分類

Classification of ceramics

鉄鋼・セメントメーカー向け耐火物の多くは、天然の鉱石を用いて製造しますが、電子部品メーカー向け耐火物は、高純度に精製した天然原料や人工原料を用いて製造するニューセラミックスを使用するのが一般的です。

セラミックスの分類
オールドセラミックスとニューセラミックス

セラミックスの分類
オールドセラミックスとニューセラミックス

なぜニューセラミックス?!

Why needs refractories of new ceramics?!

電子部品向け耐火物は、面精度や不純物が少ないことが求められるためです。

電子部品が耐火物の上に直接触れることが多く、高温処理において電子部品に傷がついたり、曲がることを嫌うこともあるので高純度の原料を用いた、精度の高いニューセラミックスを使用します。

電子部品用耐火物使用図

電子部品用耐火物使用図

セラミック焼成用道具材

セラミック焼成用道具材

高純度電融アルミナ、電融ムライトを主原料とし、高圧成形、超高温焼成にて製造しています。そのため、高温下での熱的、機械的、化学的な作用に対して安定しており、耐熱衝撃性、耐クリープ性に優れています。

焼成炉用炉材

焼成炉用炉材

永年の耐火物製造技術と厳密に管理された製造工程によって生み出されています。高温で焼成された製品であるため、高温使用される各種焼成炉での安定した耐用はもちろん、還元雰囲気下でも化学的に安定しています。

AI(人口知能)の発展など、電子部品業界はますます発展することが予想されます
当社では、お客様の求める品質を限りなく追及し、顧客との共生に基づいた新製品の開発を促進させるとともに、高品質の製品を提供し続ける企業を目指します。